中古バイクをコスパよく買うためのショップ見極め方法

コスパよく中古バイクを買うためには、中古バイクのショップ選びも大切です。なぜなら新車と違って、販売されている中古バイクには、価格や品質など、中古として販売されるまでに介在した人の影響があるからです。ここでは、良いバイクショップについて考察してみます。

 

大手の中古バイクショップは安心

現在の中古バイクショップは、大きく3通りに別れます。一つはメーカー系列の販売店で、特定のメーカーのバイクを中心に販売しています。違うメーカーのバイクを下取りで引き取ることはありますが、それらはすぐにオークションにかけられてしまうので、店頭にはありません。一つのメーカーの中古バイクを扱っているため、スタッフは、パーツ管理・メンテ技術・車種ごとの特性等を熟知しています。一定条件を満たした中古バイクにのみつけられる「有料中古車」も販売しており、特定のメーカーの中古バイクを購入するなら、最も安心と言えます。二つ目は、全国チェーンの中古バイク販売店です。中古バイクの価格、メンテ技術のレベル等において店舗差があまりないため、転勤等で住所を移した場合にも、移転先にチェーン店があれば安心できます。

 

中古バイクが綺麗で整然としている

三つ目は個人経営の中古バイクショップですが、綺麗で整然としているところは安心と言えます。よく製造業の工場で「整理整頓」と言われますが、整理整頓された中古バイクの工場は、生産性・品質・安全性の点で優れています。それと同様、中古バイクショップにおいても、バイクが整然と並び、通路に余計なものがないところは安心と言えます。

 

中古バイクを扱うスタッフレベルが高いこと

現代社会においては、中古バイクショップのスタッフレベル、すなわち接客時の態度、言葉づかい、身だしなみも大切です。仮に、いい中古バイクが格安であったとしても、スタッフがろくな返事をしない、専門知識もなかったら、とても買う気にはなれないでしょう。なぜなら、購入したあともメンテナンスやパーツ交換、ひいては車検までそのショップで行う可能性が高いからです。中古バイクより分かりやすいのが、車です。幾つかのディーラーを回って、あまり値段に差がなかった場合は、「あのディーラーが一番綺麗で、スタッフも一番感じがよかった」と言って購入するのではないでしょうか。中古バイクを買うということは、その後のサービスを買うことでもあるのです。

 

激安の中古バイクを売っていないこと

二輪車であるバイクは、車体のバランスを保って走ります。前後輪バランスが狂っている、あるいは重大な事故歴があった中古バイクは、不意に予測不能な動きをして、ライダーを危険な目に遭わせることがないとは言えません。そして、激安の中古バイクに、こうしたバイクが隠されていることがあります。コスパ良く中古バイクを買うというのは、ただ単に安い中古バイクを買うのとは異なります。極端に安いバイクを売っているショップは、敬遠すべきと言えます。先にあげたように、新車と「認定中古車」を中心に販売している中古バイクのショップが最も安心であると言えます。

中古バイクを安く買う時の値引き交渉

中古バイクに限ったことではありませんが、数十万円する買い物をするときは、誰しも値引き交渉をします。しかしその中古バイクを買う過程において、《言ってはいけないこと、言ったら嫌われること》があります。それはどんな内容なのか、解説します。

 

中古バイクに関係のない他者の力を借りようとする

「俺、社長と友だちなんです。だから中古バイクを安くして下さいね」「中古バイクを値引きしてくれないと、ネットの掲示板に悪口書きますよ」これは、中古バイク購入に限らず、何かを買う場合には最も嫌われる言葉です。「友だち」と言っても、飲み屋で隣の席になって名刺をもらっただけ。そんな場合すらあります。まして、本当に長年の友人なら、それを値引きの交渉材料にするなど姑息そのものです。ネット云々を言うのも脅迫めいています。いずれも、人間性を疑われる言葉であることは間違いありません。商取引においては、買う方も売る方も対等。これは中古バイクをコスパ良く買う基本です。

 

中古バイクなのに新車同様のサービスを要求する

バイクショップで販売されている中古バイクは、かなりの可能性で、保安部品の整備はしても、基本的には現状渡しという場合が多いです。つまり、ライト、ウインカー、ブレーキ等の不具合はしっかり直すけれど、タイヤが7分山であってもそのままということです。中古バイクなのでしょうがないのです。しかし、「価格そのままで、タイヤは新品に交換して下さい」「タンクに錆があるので、価格は変えずにタンク交換して下さい」と言うのは無理があります。中古バイクですから、中にはすり減ったタイヤもあれば錆もあるでしょう。そこに新車同様の状態を求めてはいけません。「それは無理です」と言われておしまいです。「タンク代上乗せしていいですから、中古バイクの納車までに新品に交換してください」程度なら問題ありません。

 

中古バイクのショップのレベルを疑う

「この中古バイク、本当は事故車じゃないですか?」「この中古バイクショップはメカニックが若い人ばかりだけど、大丈夫?」どこのショップも、オークションや下取りで購入したバイクを整備し、販売しています。またスタッフも、会社がきちんと面接し採用し教育した社員であり、中古バイクのショップからすれば精鋭スタッフです。そこにきて、中古バイクが事故車ではないかとしつこく疑ったり、スタッフのレベルをけなしたりすれば、確実に嫌がられます。よく教育されたスタッフなら、《面従腹背》、そんな客に対して顔で笑い、内心で軽蔑するでしょう。そういう客にはなりたくないですよね。端的に言えば、中古バイクを買うということは、一期一会です。とてもいい状態の中古バイクがあったとしても、それに出会わなければ購入できません。要は、「欲しい!」と思ってショップ巡りをしているときに、出会った中古バイクのうちから1台を選び、購入するということです。出会って購入したら、そのあとは中古バイクのショップと長い関係が続くのですから、嫌われることなく、相互によい関係でありたいものですね。

中古バイクを買う時に必要な書類は?

中古バイクを安く買うにしても、削れないものがあります。それは必要書類です。ただし書類によっては代行手数料を削ることができ、中古バイク購入の総額を抑えらえれるケースもあります。

中古バイク購入に必要な書類とは

中古バイクを購入する際にはさまざまな申請や手続きが必要であり、そのためには最低限必要とされる書類もあります。バイクショップによっては契約書の他に詳細の説明事項などをまとめた書類が渡されることもありますが、今回はあくまでも手続き上で必須とされている書類をまとめてご紹介していきます。

 

中古バイク購入には住民票が必要

まずは「住民票」です。現住所を証明するために必要であり、同時にナンバープレートを発行する際の住所を確認する際にも使われます。転勤や転居で住民票の住所を移していない場合、古い住所で車検証に印字されたり、ナンバープレートが以前の住所に紐付く地名で発行されてしまいます。中古バイクを購入する際にはあらかじめ住民票が正しい住所で登録されているかを確認しておきましょう。バイクショップは委任状で代行してくれるケースもありますが、中古バイクを安く買いたいなら自分で手続きをした方がお得になります。ちなみに250cc以下の原付バイクを購入する場合は、住民票ではなくても住所が確認できる書類であれば問題ありません。平日に役所に出向くことが難しい場合は免許証などをショップに提出すれば購入することが可能です。

 

ローン払いには口座情報をお忘れなく

中古バイクの支払い方法をローンで組む場合は、口座番号の分かるものが必要です。通帳やキャッシュカード、ネットバンキングであればインターネットで確認できるように事前に準備しておきましょう。また、口座引き落としでの登録の際には届出印も必要となるため、こちらもあらかじめ準備しておきましょう。そもそも論として、中古バイクを安く買う場合はローンを組まない方がいいです。その方が手数料が抑えられます。ただし一括で支払う金額が多いので、お金に余裕があることが前提となります。

 

中古バイクを買うにはどの印鑑を用意すればいい?

中古バイク購入の手続きには契約書や各種申請書類には捺印箇所が多いため、認印も持参する必要があります。先ほど挙げた金融機関の届出印でも登録自体は可能ですが、セキュリティの観点から中古バイク契約用の印鑑は別に用意しておくことが望ましいです。

ちなみにローンでの支払いであったとしても、頭金や手付金、その他の費用を現金で支払う必要があるケースも少なくありません。中古バイクを購入する際にはショップの担当者へ現金で支払う必要のある代金の有無を確認しておきましょう。

 

中古バイク購入に免許証は必要?

中古バイクを購入する際によく耳にするのが「免許証の提示は必要であるか」という質問です。バイクは二輪免許を取得する前であっても購入することができるため、免許証の種別は特に問題ありません。ショップによっては提出を求められることもありますが、それはあくまでも本人確認を意図したものです。特に法令で定められていたり、契約時に必須となる書類ではありません。ただ、買ったとしても中古バイクに乗って帰ることはできません。免許取得の目途が立っていて、先行して中古バイクを購入したいという場合であれば、免許取得前に買ってしまうのもありかもしれませんね。

 

中古バイク購入の書類は自分でやれば安くなる!

これから中古バイクの購入を検討している方は、今回ご紹介した書類をあらかじめ準備しておけばスムーズに購入手続きを進めることができるはずです。他にも色々と書類を要求されることもあります。中には委任状で手続きを簡易化出来るケースもありますが、代行手数料がかかります。安くするなら自分で書類を準備するのが一番です。ただし仕事の都合などで書類が揃えにくいのであれば、代行も選択肢でしょう。ぜひ参考にしてみてください。

中古バイクでロングツーリングを楽しもう!400ccツアラー・アメリカンの魅力

バイクの免許にはさまざまな種類があります。排気量の制限なく、どんな中古バイクでも乗ることができる「大型自動二輪免許」と、400cc以下の中古バイクを乗ることができる「普通自動二輪免許」は、バイクを乗る人にとって人気の免許です。大型自動二輪免許は持っていないけれど、普通自動二輪免許は持っているという人も多いため、数ある中古バイクの中でも400ccのラインナップは突出して多いのです。そして、普通自動二輪免許で乗ることのできる最大排気量の400ccの中古バイクは、ロングツーリングに最適なバイクが多く存在します。

 

中古バイク情報1:ツアラー:400X(HONDA)

400ccツアラーの代名詞的存在なのがHONDA 400Xの中古バイクです。CB400F、CBR400Rの兄弟車として登場した400Xですが、大きな違いはライディングポジションにあります。シート高は10mm高く、中古バイクでも長時間のツーリングをしても疲れにくいポジションを維持できるように設計されています。一見は通常のネイキッドと大差がないように見えますが、実際に中古バイクに乗車してみると明らかな違いに気が付くはずです。どこまでも走り出したくなるような、400ccツアラーにふさわしい中古バイクといえるでしょう。

 

中古バイク情報2:アメリカン ドラッグスター400(YAMAHA)

国内メーカーの中古バイクの中でもアメリカンで圧倒的人気を誇るドラッグスター400。随所に散りばめられたメッキパーツ、リジッドサスを思わせるような足回り、細かなディテール。ハーレーダビッドソンの世界観が忠実に再現された完成度の高いモデルです。230kgを超える車重と迫力あるボディは、スーパースポーツやネイキッドに比べると走行性能は劣るものの、疲れにくい大きなシートや足を前に投げ出すスタイルのライディングポジションはロングツーリングに最適です。あまりスピードを出さずに、中古バイクでまわりの景色を楽しみながらゆっくりマイペースで走る楽しみ方も良いのではないでしょうか。

 

中古バイクで探す 400ccバイクの魅力

長距離ツーリングを目的とした中古バイクのツアラーやアメリカンは、その性質上から大排気量の車種が多いバイクと言えます。しかし、大型二輪免許をまだ取得していない人にとっては400ccの中古バイクのラインアップから選択できるということは大きなメリットです。また、車体価格や維持費など、コストの面から考えても中古バイクの400ccはお買い得なモデルといえます。バイクの醍醐味を満喫しつつ、手軽に楽しむことができる中古バイクの400ccバイクを、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか

レアで人気の中古バイク!手軽さと速さを兼ね備えた125ccオフロードバイクの魅力

オフロード車といえば250cc以下の小排気量の車種が多いという特徴があります。悪路を走破したり、モトクロスのようにジャンプしたりアクティブな動きを必要とされるため、大排気量のオフロード車は極端に数が少ないのです。これは新車・中古バイクどちらの場合でも同じです。そんなオフロード車の中でもおすすめなのが中古バイクで買える125ccのオフロードです。今回は、125ccオフロード車の中でも代表的な車種をいくつかご紹介しながら、その魅力を探っていきます。

中古バイク情報1:KLX125(KAWASAKI)

中古バイクの125ccオフロード車の代名詞的存在なのが、こちらのKLX125です。車重は驚きの112kgという軽さで、車体の大きさも扱いやすいサイズにまとめられています。トレードマークであるライムグリーンのカラーリングによって、一目でKLX125と分かるほどインパクトのある一台です。中古バイクショップの店頭にあれば、目立つかもしれません。

 

中古バイク情報2:DT125(YAMAHA)

2ストロークの高馬力エンジンが特徴的なDT125の中古バイク。現在では新車で購入することはできないものの、中古バイク市場において未だに高い人気を誇る車種です。400ccから50ccまで幅広いラインナップを誇ったDTシリーズですが、その歴史は実に古く、1968年にトレール250DT-1が発売。以降、多くのオフロード車ファンに愛される中古バイクとなっています。

 

中古バイク情報3:KDX125(KAWASAKI)

DT125の中古バイクと同様、2ストローク高馬力エンジンが売りのKDX125の中古バイク。シリーズの中でもKDX125SRの中古バイクは、もともとサーキット専用モデルであった車体に保安部品を取り付けただけのバイクのため、加速感は125ccでは随一。最高速は大排気量車には敵わないものの、250ccの4ストローク車にはスタートダッシュで負けないほど圧倒的です。まさに電光石火のオフロードタイプといえるでしょう。

 

中古バイクで探す125ccオフロード車の魅力

手軽さと速さを兼ね備えた中古バイクの125ccオフロード車は、現在も多くのファンから支持を得ています。排ガス規制などの影響により国内のディーラーから新車で購入することはできませんが、中古バイク市場では高値で取引されている車種も多く、中古バイク市場に出回っている車体数も決して少なくありません。また、オフロード車は中古バイクでもメンテナンスがしやすいという特徴もあるため、初歩的な整備からトラブルがあった際の専門的な整備までを実際に行うことも可能です。メインの1台としても、セカンドバイクとしてもおすすめの125ccオフロード車を中古バイクでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

中古バイク購入のコストを抑えたい!125ccオンロードバイクの魅力

手軽に楽しむことができる中古バイクといえば50ccスクーターが代表的な存在ですが、50ccという限られた排気量の中ではどうしても物足りなく感じてしまうものです。そこでおすすめなのが125ccの中古バイク。原付二種とよばれる免許で乗ることができますが、どのような種類の中古バイクがあるのでしょうか。今回は、125ccのさまざまなタイプのバイクをご紹介していきます。

中古バイク情報1:ネイキッド:YBR125(YAMAHA)

YBR125はヨーロッパを中心とした海外向けに生産されているモデルで、日本国内では輸入の中古バイクという位置付けの車種です。125ccには見えないほどの堂々としたボディサイズでありながら、車重は117kgと軽量で扱いやすく、小回りも利く使い勝手の良く中古バイクとしておすすめです。

 

中古バイク情報2:スポーツ:YZF-R125(YAMAHA)

ヤマハのスーパースポーツといえば、おなじみのYZFシリーズ。シャープで流麗なデザイン、洗練されたカラーリングは、ヤマハらしい上質で完成度の高い1台で中古バイク購入としてもおすすめです。シリーズ最小排気量の125ccでありながらも、YZFの血統を受け継ぐのがYZF-R125です。見た目だけではなく、高い走行性能、燃費など、所有感を満たしてくれるスーパースポーツの中古バイクといえるでしょう。

 

中古バイク情報3:スクーター:PCX125(HONDA)

中古バイクの中でも125ccスクーターの代名詞的存在なのが、HONDA PCX125です。スクーターを選ぶ際の基準となるのは、使い勝手や乗りやすさ、燃費の良さなど、中古バイクの中でも実用的なポイントを重視する人が多いのではないでしょうか。PCX125の燃費は平均50km/lと言われており、これは50ccの中古バイクスクーターをも凌駕するほどの高い燃費性能です。また、HONDAならではの安定感抜群のエンジン、アイドリングストップなどの充実した装備も高い人気を誇る大きな要因であるといえるでしょう。

 

中古バイク情報4:アメリカン ドラッグスター125(YAMAHA)

国産メーカーの中古バイクの中でも圧倒的人気を誇るドラッグスターシリーズ。250cc以上のものが有名ですが、海外モデルとして125ccの車種も存在します。アメリカンの象徴であるVツインエンジンを搭載し、ドラッグスター250と同じボディサイズのため中古バイクでも堂々とした風格あるボディは健在です。

 

手軽で扱いやすい125ccの中古バイク

125ccの中古バイクのメリットは、50ccと同様の手軽さがありながらも、30km/h制限や二人乗りの制限から解放され、自由に楽しむことができるという点です。加えて、今回ご紹介したように車種の選択肢も増え、その人にとってお気に入りの中古バイクが必ず見つかるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

中古バイクで二人乗りするなら125ccバイクがおすすめ!50ccとの違い・魅力

50cc原付バイクは自動車免許があれば乗ることができ、また中古バイクで安価に手に入れられるため、気軽な移動手段としても便利な乗り物です。しかし一方で、公道ではさまざまな制約があるのも事実です。そこでおすすめなのが、125ccの原付二種と呼ばれるバイク。二人乗りが可能である125ccスクーターの中古バイクは、最近では50ccスクーターの中古バイクに負けないほどの人気を誇っています。今回は、125ccと50cc原付の中古バイクを比較しながら、その魅力を探っていきます。

 

中古バイク比較:50ccと125ccの違い

125ccの中古バイクを運転するためには原付二種とよばれる免許が必要です。この他、50ccと125ccの中古バイクを比較した際に、大きな違いは二人乗りが可能か否かという点です。また、一般道での30km/hの速度制限もなく、交差点での二段階右折も不要のため、一般的な中型以上の中古バイクと同様に楽しみ方の幅が広がってくることでしょう。また、維持費に関しては50cc原付の中古バイクとほとんど変わらず、手軽に楽しむことができるバイクといえます。

 

中古バイク情報1:PCX(HONDA)

豊富なカラーリングとスタイリッシュなボディが魅力のHONDA PCX。アイドリングストップなど、環境にも配慮した装備が充実しています。中古バイクの流通量が多いため、状態、カラーなど比較しながらお好みの中古バイクを探せるのではないでしょうか。50ccスクーターにも勝る高燃費も実現し、経済的メリットも大きい中古バイクで買える1台といえるでしょう。

 

中古バイク情報2:アドレスV125(SUZUKI)

125ccスクーターとしてはボディサイズが小さめな中古バイクではありますが、高い走行性能を維持しながらも小回りが利く、器用な1台といえます。車体価格も安く抑えられており、二人乗りが可能で手軽な中古バイクが欲しいという人におすすめです。

 

中古バイク情報3:NMAX(YAMAHA)

まるでビッグスクーターのようなスタイリッシュさと充実した装備が魅力のYAMAHA NMAXも中古バイクとしてオススメです。スムーズな加速を実現するヤマハ独自開発の「BLUE CORE」エンジンを搭載し、環境に配慮しながらも高い乗り心地を実現。長時間の走行でも疲労を感じにくい肉厚のスポンジをシートに採用し、二人乗りの際でも高い居住性を確保しました。この中古バイクなら遠出も出来そうですね。

移動手段としての利便性が高い125ccの中古バイク

50ccの中古バイクは自動車免許があれば乗ることができるという点は大きなメリットですが、走行時にはさまざまな制約があることも事実です。対して125ccの場合、免許を取得するという手間はかかりますが、コストは50ccの中古バイクと大差は無く、二人乗りをはじめとしたさまざまな規制から解放されるというメリットもあります。すでにバイクの免許を持っているという人の場合は、50ccよりも125ccの中古バイクのほうが利便性が高くおすすめです。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

中古バイクを楽しむために最適な排気量は?維持費をできるだけ安く抑えたい!

中古バイクを購入する際に気になる項目の1つが「維持費」ではないでしょうか。中古バイクを選べば車体価格は新車よりは抑えられますが、自動車と同様に燃料費やメンテナンス費、保険や車検にもお金はかかってきます。一般的に排気量が大きければ大きいほど維持費は高くなると言われていますが、実際はどのくらいの差があるのでしょうか。今回は、排気量と維持費という面から中古バイク選びのコツを解説していきます。

 

中古バイクの主な維持費とは?

中古バイクを所有するにあたり、どの程度の維持費が発生するのか見ていきましょう。

中古バイクの燃料費

まずは燃料費です。排気量、車種、新車・中古バイクなどで燃費は大きく変わってきますが、一般的な400ccバイクの場合、1リットルあたり30km程度が平均的な燃費です。燃料費についてはバイクに乗る頻度や目的によっても変わってくるため、あらかじめ燃費を参考に計算してみましょう。

 

中古バイクの任意保険料

次に任意保険料です。バイクの保険料は自動車保険と同様に、年齢が若ければ若いほど高額となる傾向にあります。一方、排気量や車種によって保険料が変わるということはほとんどありません。ですので中古バイクが大幅なデメリットになるようなことはないでしょう。ABSやエアバッグなどの安全装置の有無によって割引を受けられることもあります。

中古バイクの車検

そして最後に、最も維持費の差が大きいのが「車検」にかかる費用です。これは新車・中古バイクで共通です。自動車の場合、軽自動車のような小さな排気量であっても車検は必須です。しかし、バイクの場合は250cc以下の排気量の場合、車検は不要となります。ただし、自動車税や自賠責保険は必須なので年間1万円程度はかかります。ショップで車検を依頼すると最低でも5万円以上かかるケースが多く、2年に1度とはいえ痛い出費ではないでしょうか。

 

中古バイクの維持費と性能を考えると最適なのは?

単純に維持費という面から考えると、高燃費で車検が不要で車体価格がリーズナブルな50cc・原付バイクがベストです。中古バイクも多く出回っていてデザインも色々選ぶことができます。しかし、バイクの走行性能を楽しみたいという人にとって50ccではどうしても物足りないと感じてしまうことでしょう。そこでおすすめなのが125ccまたは250ccのバイクです。手軽さを考えるならば、125cc、より一層パワーを求める方であれば、250ccをおすすめします。250ccは車検が不要なバイクの中で250ccは最大の排気量であり、日々のメンテナンスさえきちんと行っていれば維持費も安く抑えられるはずです。また、250ccという排気量は扱いやすいバイクが多く、フットワークの軽さも大きな魅力といえます。走行性能を求めつつ、維持費の安さも求めるなら、250ccのバイクがおすすめという形になるでしょう。

 

250ccの中古バイクはラインナップ豊富!

ネイキッドやアメリカン、スポーツタイプなど、バイクにはさまざまな車種があります。250ccのバイクにも、これらの豊富なラインナップが揃っており、中古バイクを選ぶ楽しさも存分に味わうことができるのです。

中でもネイキッドやスポーツタイプのレーサーレプリカなどは古くから250ccクラスの人気が高く、新車から中古車まで幅広い車種が揃っています。車体が軽くサイズも手頃であるため、中古バイクが初めての人であっても安心して乗ることができます。アメリカンについては400cc以上に比べると車種の数は少ないですが、250ccとは思えないほど堂々とした存在感のある車種が揃っています。

 

古バイクは維持費と性能のバランスが重要

趣味でバイクを楽しむ人にとって、維持費は抑えられるならできるだけ安く抑えたいものです。魅力的なデザインの50ccバイクは増えてきていますが、ツーリングや遠方の通勤・通学の場合には小排気量のバイクでは物足りなく感じてしまう人もいるでしょう。できるだけお金をかけずに走行性能を求めたい人は、バイクショップへ足を運び、125ccと250ccの中古バイクに触れてみてはいかがでしょうか。