レアで人気の中古バイク!手軽さと速さを兼ね備えた125ccオフロードバイクの魅力

オフロード車といえば250cc以下の小排気量の車種が多いという特徴があります。悪路を走破したり、モトクロスのようにジャンプしたりアクティブな動きを必要とされるため、大排気量のオフロード車は極端に数が少ないのです。これは新車・中古バイクどちらの場合でも同じです。そんなオフロード車の中でもおすすめなのが中古バイクで買える125ccのオフロードです。今回は、125ccオフロード車の中でも代表的な車種をいくつかご紹介しながら、その魅力を探っていきます。

中古バイク情報1:KLX125(KAWASAKI)

中古バイクの125ccオフロード車の代名詞的存在なのが、こちらのKLX125です。車重は驚きの112kgという軽さで、車体の大きさも扱いやすいサイズにまとめられています。トレードマークであるライムグリーンのカラーリングによって、一目でKLX125と分かるほどインパクトのある一台です。中古バイクショップの店頭にあれば、目立つかもしれません。

 

中古バイク情報2:DT125(YAMAHA)

2ストロークの高馬力エンジンが特徴的なDT125の中古バイク。現在では新車で購入することはできないものの、中古バイク市場において未だに高い人気を誇る車種です。400ccから50ccまで幅広いラインナップを誇ったDTシリーズですが、その歴史は実に古く、1968年にトレール250DT-1が発売。以降、多くのオフロード車ファンに愛される中古バイクとなっています。

 

中古バイク情報3:KDX125(KAWASAKI)

DT125の中古バイクと同様、2ストローク高馬力エンジンが売りのKDX125の中古バイク。シリーズの中でもKDX125SRの中古バイクは、もともとサーキット専用モデルであった車体に保安部品を取り付けただけのバイクのため、加速感は125ccでは随一。最高速は大排気量車には敵わないものの、250ccの4ストローク車にはスタートダッシュで負けないほど圧倒的です。まさに電光石火のオフロードタイプといえるでしょう。

 

中古バイクで探す125ccオフロード車の魅力

手軽さと速さを兼ね備えた中古バイクの125ccオフロード車は、現在も多くのファンから支持を得ています。排ガス規制などの影響により国内のディーラーから新車で購入することはできませんが、中古バイク市場では高値で取引されている車種も多く、中古バイク市場に出回っている車体数も決して少なくありません。また、オフロード車は中古バイクでもメンテナンスがしやすいという特徴もあるため、初歩的な整備からトラブルがあった際の専門的な整備までを実際に行うことも可能です。メインの1台としても、セカンドバイクとしてもおすすめの125ccオフロード車を中古バイクでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。