中古バイク購入のコストを抑えたい!125ccオンロードバイクの魅力

手軽に楽しむことができる中古バイクといえば50ccスクーターが代表的な存在ですが、50ccという限られた排気量の中ではどうしても物足りなく感じてしまうものです。そこでおすすめなのが125ccの中古バイク。原付二種とよばれる免許で乗ることができますが、どのような種類の中古バイクがあるのでしょうか。今回は、125ccのさまざまなタイプのバイクをご紹介していきます。

中古バイク情報1:ネイキッド:YBR125(YAMAHA)

YBR125はヨーロッパを中心とした海外向けに生産されているモデルで、日本国内では輸入の中古バイクという位置付けの車種です。125ccには見えないほどの堂々としたボディサイズでありながら、車重は117kgと軽量で扱いやすく、小回りも利く使い勝手の良く中古バイクとしておすすめです。

 

中古バイク情報2:スポーツ:YZF-R125(YAMAHA)

ヤマハのスーパースポーツといえば、おなじみのYZFシリーズ。シャープで流麗なデザイン、洗練されたカラーリングは、ヤマハらしい上質で完成度の高い1台で中古バイク購入としてもおすすめです。シリーズ最小排気量の125ccでありながらも、YZFの血統を受け継ぐのがYZF-R125です。見た目だけではなく、高い走行性能、燃費など、所有感を満たしてくれるスーパースポーツの中古バイクといえるでしょう。

 

中古バイク情報3:スクーター:PCX125(HONDA)

中古バイクの中でも125ccスクーターの代名詞的存在なのが、HONDA PCX125です。スクーターを選ぶ際の基準となるのは、使い勝手や乗りやすさ、燃費の良さなど、中古バイクの中でも実用的なポイントを重視する人が多いのではないでしょうか。PCX125の燃費は平均50km/lと言われており、これは50ccの中古バイクスクーターをも凌駕するほどの高い燃費性能です。また、HONDAならではの安定感抜群のエンジン、アイドリングストップなどの充実した装備も高い人気を誇る大きな要因であるといえるでしょう。

 

中古バイク情報4:アメリカン ドラッグスター125(YAMAHA)

国産メーカーの中古バイクの中でも圧倒的人気を誇るドラッグスターシリーズ。250cc以上のものが有名ですが、海外モデルとして125ccの車種も存在します。アメリカンの象徴であるVツインエンジンを搭載し、ドラッグスター250と同じボディサイズのため中古バイクでも堂々とした風格あるボディは健在です。

 

手軽で扱いやすい125ccの中古バイク

125ccの中古バイクのメリットは、50ccと同様の手軽さがありながらも、30km/h制限や二人乗りの制限から解放され、自由に楽しむことができるという点です。加えて、今回ご紹介したように車種の選択肢も増え、その人にとってお気に入りの中古バイクが必ず見つかるはずです。ぜひ参考にしてみてください。