中古バイクで二人乗りするなら125ccバイクがおすすめ!50ccとの違い・魅力

50cc原付バイクは自動車免許があれば乗ることができ、また中古バイクで安価に手に入れられるため、気軽な移動手段としても便利な乗り物です。しかし一方で、公道ではさまざまな制約があるのも事実です。そこでおすすめなのが、125ccの原付二種と呼ばれるバイク。二人乗りが可能である125ccスクーターの中古バイクは、最近では50ccスクーターの中古バイクに負けないほどの人気を誇っています。今回は、125ccと50cc原付の中古バイクを比較しながら、その魅力を探っていきます。

 

中古バイク比較:50ccと125ccの違い

125ccの中古バイクを運転するためには原付二種とよばれる免許が必要です。この他、50ccと125ccの中古バイクを比較した際に、大きな違いは二人乗りが可能か否かという点です。また、一般道での30km/hの速度制限もなく、交差点での二段階右折も不要のため、一般的な中型以上の中古バイクと同様に楽しみ方の幅が広がってくることでしょう。また、維持費に関しては50cc原付の中古バイクとほとんど変わらず、手軽に楽しむことができるバイクといえます。

 

中古バイク情報1:PCX(HONDA)

豊富なカラーリングとスタイリッシュなボディが魅力のHONDA PCX。アイドリングストップなど、環境にも配慮した装備が充実しています。中古バイクの流通量が多いため、状態、カラーなど比較しながらお好みの中古バイクを探せるのではないでしょうか。50ccスクーターにも勝る高燃費も実現し、経済的メリットも大きい中古バイクで買える1台といえるでしょう。

 

中古バイク情報2:アドレスV125(SUZUKI)

125ccスクーターとしてはボディサイズが小さめな中古バイクではありますが、高い走行性能を維持しながらも小回りが利く、器用な1台といえます。車体価格も安く抑えられており、二人乗りが可能で手軽な中古バイクが欲しいという人におすすめです。

 

中古バイク情報3:NMAX(YAMAHA)

まるでビッグスクーターのようなスタイリッシュさと充実した装備が魅力のYAMAHA NMAXも中古バイクとしてオススメです。スムーズな加速を実現するヤマハ独自開発の「BLUE CORE」エンジンを搭載し、環境に配慮しながらも高い乗り心地を実現。長時間の走行でも疲労を感じにくい肉厚のスポンジをシートに採用し、二人乗りの際でも高い居住性を確保しました。この中古バイクなら遠出も出来そうですね。

移動手段としての利便性が高い125ccの中古バイク

50ccの中古バイクは自動車免許があれば乗ることができるという点は大きなメリットですが、走行時にはさまざまな制約があることも事実です。対して125ccの場合、免許を取得するという手間はかかりますが、コストは50ccの中古バイクと大差は無く、二人乗りをはじめとしたさまざまな規制から解放されるというメリットもあります。すでにバイクの免許を持っているという人の場合は、50ccよりも125ccの中古バイクのほうが利便性が高くおすすめです。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。