中古バイクを楽しむために最適な排気量は?維持費をできるだけ安く抑えたい!

中古バイクを購入する際に気になる項目の1つが「維持費」ではないでしょうか。中古バイクを選べば車体価格は新車よりは抑えられますが、自動車と同様に燃料費やメンテナンス費、保険や車検にもお金はかかってきます。一般的に排気量が大きければ大きいほど維持費は高くなると言われていますが、実際はどのくらいの差があるのでしょうか。今回は、排気量と維持費という面から中古バイク選びのコツを解説していきます。

 

中古バイクの主な維持費とは?

中古バイクを所有するにあたり、どの程度の維持費が発生するのか見ていきましょう。

中古バイクの燃料費

まずは燃料費です。排気量、車種、新車・中古バイクなどで燃費は大きく変わってきますが、一般的な400ccバイクの場合、1リットルあたり30km程度が平均的な燃費です。燃料費についてはバイクに乗る頻度や目的によっても変わってくるため、あらかじめ燃費を参考に計算してみましょう。

 

中古バイクの任意保険料

次に任意保険料です。バイクの保険料は自動車保険と同様に、年齢が若ければ若いほど高額となる傾向にあります。一方、排気量や車種によって保険料が変わるということはほとんどありません。ですので中古バイクが大幅なデメリットになるようなことはないでしょう。ABSやエアバッグなどの安全装置の有無によって割引を受けられることもあります。

中古バイクの車検

そして最後に、最も維持費の差が大きいのが「車検」にかかる費用です。これは新車・中古バイクで共通です。自動車の場合、軽自動車のような小さな排気量であっても車検は必須です。しかし、バイクの場合は250cc以下の排気量の場合、車検は不要となります。ただし、自動車税や自賠責保険は必須なので年間1万円程度はかかります。ショップで車検を依頼すると最低でも5万円以上かかるケースが多く、2年に1度とはいえ痛い出費ではないでしょうか。

 

中古バイクの維持費と性能を考えると最適なのは?

単純に維持費という面から考えると、高燃費で車検が不要で車体価格がリーズナブルな50cc・原付バイクがベストです。中古バイクも多く出回っていてデザインも色々選ぶことができます。しかし、バイクの走行性能を楽しみたいという人にとって50ccではどうしても物足りないと感じてしまうことでしょう。そこでおすすめなのが125ccまたは250ccのバイクです。手軽さを考えるならば、125cc、より一層パワーを求める方であれば、250ccをおすすめします。250ccは車検が不要なバイクの中で250ccは最大の排気量であり、日々のメンテナンスさえきちんと行っていれば維持費も安く抑えられるはずです。また、250ccという排気量は扱いやすいバイクが多く、フットワークの軽さも大きな魅力といえます。走行性能を求めつつ、維持費の安さも求めるなら、250ccのバイクがおすすめという形になるでしょう。

 

250ccの中古バイクはラインナップ豊富!

ネイキッドやアメリカン、スポーツタイプなど、バイクにはさまざまな車種があります。250ccのバイクにも、これらの豊富なラインナップが揃っており、中古バイクを選ぶ楽しさも存分に味わうことができるのです。

中でもネイキッドやスポーツタイプのレーサーレプリカなどは古くから250ccクラスの人気が高く、新車から中古車まで幅広い車種が揃っています。車体が軽くサイズも手頃であるため、中古バイクが初めての人であっても安心して乗ることができます。アメリカンについては400cc以上に比べると車種の数は少ないですが、250ccとは思えないほど堂々とした存在感のある車種が揃っています。

 

古バイクは維持費と性能のバランスが重要

趣味でバイクを楽しむ人にとって、維持費は抑えられるならできるだけ安く抑えたいものです。魅力的なデザインの50ccバイクは増えてきていますが、ツーリングや遠方の通勤・通学の場合には小排気量のバイクでは物足りなく感じてしまう人もいるでしょう。できるだけお金をかけずに走行性能を求めたい人は、バイクショップへ足を運び、125ccと250ccの中古バイクに触れてみてはいかがでしょうか。