中古バイクをコスパよく購入するには?

物の買い方はインターネットの登場で大きく変わりました。代表的なものの1つにあげられるのが本です。アマゾンなどの大手通販サイトが台頭し、商品を直接手に取らずに商品を購入することが容易になりました。では、中古バイクはどうなのでしょうか。

 

中古バイクとインターネット

冒頭に述べたような、何でもインターネットで中古バイクを購入する時代が来るのでしょうか。私の見解では、当面は中古バイクは直接バイクショップに足を運んで購入する時代が続くと考えます。何故なら中古バイクは新車と違い、エンジンなどの内部状況の確認、傷などの外部状況の確認が必要です。しかも写真では分からないような細かい傷もありますので、直接中古バイクを自分の目で確かめて購入する方が安全であると考えるからです。

 

もしあなたがバイクのメンテナンスに自信があるとしても、やはり中古バイクは直接見た方が良いと思います。状態を確認せずに安い中古バイクを手に入れた場合、修理代が高くつき実は損したというケースも考えられるからです。

では中古バイクを買うにあたって、インターネットは使えないのでしょうか。それはNOです。中古バイク検索のためにインターネットを活用することは非常に有益です。自分の足だけでバイクショップをまわるのは非効率で時間がかかります。しかしインターネット検索であれば、条件に合う中古バイクを簡単に探すことができます。

中古バイクを安く買うコツ

自分の探しているバイクを安く中古バイクで手に入れられるに越したことはありません。ただ、車体価格の安さだけで飛びついては行けません。分かりやすいポイントで言うと、配送料です。中古バイクの購入で配送を使うケースは実は少なくありません。流通量の少ないバイクですと、近場にないケースも当然存在します。例えば東京に住んでいる人が北海道でお気に入りの中古バイクを見つけて、自分で乗って帰るということは現実的でしょうか。もちろんツーリングが大好きという方なら可能かもしれませんが、体力的にも時間的にも負担が大きいものです。こういった時に陸送が活躍します。この陸送料。簡単に言えば遠ければ遠い程高くなります。ですので、ほぼ同じ状態のバイクが2台あった場合、近場のバイクを選んだ方がトータル金額は安くなるケースがあります。

 

中古バイクを長く安く乗るコツ

 

中古バイクを買う際に考えておくポイントは初期費用だけでなく、維持費です。せっかく安く買えたとしても毎月かかるコストが高ければトータルコストは高くなっていきます。中古バイクの維持費には色々あります。保険、ガソリン代、駐車場代、車検代、メンテナンス代・・・等々。排気量などに大きなこだわりがないのであれば、250cc以下が維持費がお得です。250cc以下のバイクは車検不要であるため、維持費がぐっと下がります。とはいえ250ccより上の排気量の車には走行性能は劣る部分は出てきます。この走行性能の価値を安いと取られるか、高いと捉えるかは個人の楽しみ方によるでしょう。せっかくバイクに乗るのであれば、ツーリングの時間が楽しめるバイクにしたいですよね。最初は125ccや250ccの中古バイクから乗り始め、貯金をしてそれより大きいサイズに乗り換えるというのも手でしょう。

 

中古バイクを探すコツ

記事の前半で述べたように、ずばりインターネット検索が有効でしょう。今ではバイクショップもホームページを持つのが当然のような時代になってきたので、検索が非常に便利になりました。おすすめの検索方法としては、ポータルサイトと呼ばれる色々なバイクショップの中古バイク情報が乗っているサイトでお気に入りの中古バイクを検索し、その後にバイクショップのホームページを見る方法です。この方法にすれば効率的に中古バイクを探すことができ、最後にバイクショップの情報が分かります。いくつかポータルサイトはありますが、中古バイク検索ならバイクネットAJが便利でした。バイクネットAJでは、メーカー、エリア、ボディタイプなどから絞り込みができます。また、品質保証の仕組みがあり、インターネットでも安心した中古バイク検索が出来るようになっています。既に使ったことがある方もいるかもしれませんが、まだ使ったことがない方がいらっしゃいましたら、一度バイクネットAJを試してみてはいかがでしょうか。